昨日は大萩くんと1回目のリハーサル。
彼は今日、ハーフマラソンを走ったらしいです。
マラソンをするようになってから、
演奏でも、いつも通り、と言う平常心を
より維持できるようになったそうです。
IMG_5236.JPG

そのあと夜、
子育てをしているお母さんのお友達の話を聞いていたら、
先頃、中学受験をしたお子さんとそのお友達の体験談だと、
子供さんて、
本当に成績の浮き沈みが激しいらしくて、
特に男の子は、
ちょっと成績が良くて調子に乗っていると
成績はどんどん下がるし、
そうかと思えば、成績が悪くても
本番に奇跡的な実力を発揮して
1発合格してしまうことがあるらしい。

で、今の受験塾っていうのは
(僕の頃もそうだったかもしれないけど)
頻繁に模試があるから自分がクラスの何番目なのかとか
逐次わかるので、
すごくアップダウンの激しいお子さんもいるのだとか。

ということはつまり、
子供は上の空で授業聞いていても
知らない間にどこかに蓄積されていて、
やる気が出た時にそのデータベースに
アクセスできることもある、ということなんでしょうか。

そう考えると、
子供の頃は本番でミラクルが起きる、
ということもあったけど、
大人になるにつれて
いつものように淡々と
修練した通りのことをやるようになる、
我々演奏家の人生の過程のようでもあり。。。
























カテゴリー 音楽
コメント 0
トラックバック 0