2月20日は武満徹さんのご命日。

96年のその日は、
自宅アパートで武満さんの作品の録音のために
練習をしていたんでした。

その時たまたま点いていた
テレビのワイドショーに突然、
武満さんが亡くなったって言うのが映し出された、
のか、誰かから連絡をもらったのか...
その辺の細かいことは覚えていません。

日本中ががっかり来た音がしました。

あの日、将来のことは全く予想できないくらい、
途方に暮れたのだけ覚えています。

28年も経ってしまいました。

武満さんの音楽について、
もう一回ゼロから体験する鑑賞者に戻って
勉強しなおしてみたいな、と時々思います。

あの頃は、
小さなアパートで明け方まで練習したり、
(よく住宅街の賃貸住宅でそんなことができたものです。
近隣の皆さんに多大なる感謝)
武満さんの残した文章を読んで、
その雰囲気を確かめたくてそのまま鎌倉に出かけたりしていました。

ん〜〜
まだまだ、やらなければならないことがあるんだな〜と、
この日が来るたびに、思いを改めます。



























カテゴリー 音楽
コメント 0
トラックバック 0