北村聡くんとのデュオのプログラムに
「ラ・クンパルシータ」を追加しようと思い、
編曲するぞ!!
と昨年末に宣言したのですが、
ずっと思い出さずに北村くんから
「クンパルってソロで弾きますか?」
と質問されてしまいました。

えー、というわけで
猛烈に重かった腰を上げて
編曲していますが
今日は2分間分しか書けませんでした。

というのも、
その編曲の前に
SpotifyとかYouTubeで
どんなアレンジがあるか検索して聴き始めるものですから
聴いてるだけで何時間も過ぎているのです。

いかんいかん。

でも編曲が始まったらとても楽しいです。
それにしても
スタートがスローすぎる自分が、いやです。

いろいろ聴いていると、
タンゴの巨匠たちが、
この曲については
使い古された素材だということをわかっていながら、
それでもあえて気迫の籠ったアレンジをしています。
自分なりのプレイリストを作っても、
このシンプルな作品がずっと続いても
飽きずに聴いていられる、ほどに
それぞれの演奏に個性が盛り込まれているんですね。


5月のツアーまでには
頑張って自分たちバージョンを完成させよう、
そうしよう。。。。
北村鈴木背景リムーブ.jpg























カテゴリー 音楽
コメント 0
トラックバック 0